ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。やかたちあきです。


ニューヨークタイムズ社のボストンコムに掲載されている
東日本大震災の写真です。(英語です)

ボストンコムのページ


このページを、ギガジンが和訳しています。

ギガジンのページ




私たちの祈り、世界中の祈りが、
犠牲となってしまった方々、残された方々に届きますように。


大船渡のフィッシャーマンの指輪も、どうか見つかりますように。



加藤秀視さんからのメッセージです。

=========================

Japan元気塾の皆様


おはようございます!


加藤秀視です。

今日も被災地、泊浜で炊き出しです!(^^)


気付けば4月ももう終わりで、時間が経つのは本当に速いですね。

今年は震災のあの日以来走りっぱなしだったので、桜もゆっくりと見ていない気がします(泣)

4月と言えども、東北の朝夜はまだまだ冷えます。


春の温かさと共にこの美しい桜が、被災地の皆さんに少しでも元気を届けてくれたらなぁ、なんて咲き誇る桜を見ながら想ったり。

震災から一ヶ月半。

被災地の状況も物資面では少し落ち着いてきた。


必要な支援も、食糧や衣類ではなく、住居や交通整備へと移りつつある。

やはり、それに伴って、被災地支援の動きも大分落ち着いてきたように感じる。

確かに今すぐ食べるものがない、という地域は少なくなってきているし、テレビで芸能人や有名人が支援に行っている姿を見て安心するのも分かる。

しかし、問題の変わり目で会って、支援が必要なことには変わりない。

少し落ち着いたからといって、被災地への支援を、意識することをやめないでほしい、と強く思う。


今、この震災を過去のことにしてしまったら、この震災で被災された方や命を亡くされた方はどうなるのか。

やっぱり当事者意識が何よりも大切だ。

自分や、自分の家族が被災したなら絶対に過去のことにはできないはずだ。


俺たちはこの震災から学ばなければならない。

俺達がどれだけ恵まれているか考えなければならない。


よく、「今、世界中では飢餓で苦しむ人や、戦争で命を落とす人がいる」という。

でも、俺たちはそのことを別の世界の話だと考え、自分がいかに恵まれているか考えない。

それと同じことが今日本で起きているんだ。


地震で、津波で、亡くなった方がたくさんいる。

食べるものがなくて、住むところがなくて、苦しんでいる人がたくさんいる。


同じ日本で、ついこの前までは普通の生活をしていた人達が苦しんでいるんだ。

自分の大切な人が死んだら嫌だろ?

苦しんでいたら心配だろ?

そんな人がたくさんたくさんいるんだ。

それでも、「興味がない」の一言で済ますか?

これでもまだ他人事だというのなら、本当に自分が当事者にならなければ分からないのだろう。


食べたいものが食べれて、あったかい布団で寝れて、やりたいことがやれる。

俺たちにとっての当たり前の生活がどれだけ幸せかを考えなきゃならん!

この当たり前は、当たり前ではなく、”かけがえのない幸せ”だ!


今あるものに感謝できなければ、これから一体何が手に入れられるというのか?

ないものねだりでは幸せはつかみとれない。

”ないもの”にフォーカスを当てるんじゃなくて”今あるもの”にフォーカスをあてれば、自然と感謝があふれてくるはず。


たくさんの失われた命からそれを学ばなければならない。気付かなければならない。



偉そうなことをたくさん書いたが、同じような想いを持って下さる方はきっと、たくさんいると思う。

声を大にしてメッセージを伝えたい人だってたくさんいると思う。


俺もその一人だ。


このメッセージを伝えていく。

それが、被災地の現状を自分の目で見て、声を聞いて、魂に刻んだ、俺の役割じゃないかと思っている。

今こそ日本が変わる時なんだ。


きっと、みんな世の中を、日本を良くしたい、という気持ちは一緒なんだ。


だからこそ、政治に文句を言ったり、愚痴を言うんだ。

それは期待の裏返し。

きっと、今、本当に志と力あるリーダーがあらわれたらみんながスゴい力で応援すると思う。

みんな、何かを変えてくれるリーダーを探しているんだ。


だけど、これからは自分以外の誰かに期待するだけじゃなくて、自分も変わっていかなくちゃならん。

だから、今こそ一人一人が変わっていってほしい。


そして、「愛と絆の共有」をしよう。


大切な人に愛を与えよう。

絆を分かち合おう。


そんな小さな変化が、大きな時代のうねりを作っていくんだと、俺は信じています。



毎度のことですが、いつもこのメルマガやフェイスブック、ツイッターを見ていて下さる皆様、

本当にありがとうございます。

最近はブログを転載して頂いたり、「メルマガを転送してもいいですか?」というお問い合わせを頂いたりで、

ますます皆様のご支援の大きさに感謝しております。


もし、俺のブログやメルマガ、フェイスブック、ツイッターが少しでも皆様のお役に立てるなら、転載・転送は大歓迎です。

ぜひご活用ください。

世間の落ち着きが見え始めて来ましたが、俺のメッセージがの誰かの心に届き、
変化のきっかけになれば、これほど嬉しいことはありません。


一人でも多くの人が、大切な人に、被災地の皆様に、愛と絆を届けて下さることを祈って。


加藤秀視



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

被災地支援の活動を随時アップしています。
「加藤秀視 東日本大震災復興支援プロジェクト」
http://www.facebook.com/katou.shushi.shinsaishien

ツイッターでも現地の様子をつぶやいています。
http://twitter.com/shushi_kato

以下は支援に関する詳細です。

●義援金のお振込先
栃木銀行 鬼怒川支店
Japan元気塾事務局 赤羽 恵
(普通)1003949
※お振込みの際に関しまして、『お名前』と『災害』と記載の上、お振り込みください。

●現在募集している物資
・飲料水、日持ちする食材、野菜ジュース、味噌、醤油
・炊飯器、フライパン、汁鍋、まな板、包丁、おかず鍋
・ウェットティッシュ、赤ちゃん用おむつ、下着、生理用品、紙コップ、どんぶり(使い捨て)、歯磨き粉
・電池(単一)、卓上コンロ、ガスボンベ、LEDライト、灯油、ブルーシート、スコップ、バール、かなづち、長靴

●物資送り先
株式会社創栄Group内
Japan元気塾事務局
〒321-1274 栃木県日光市土沢1855-5
・ダンボールに梱包して中には1種類のみを入れて発送して下さい。
・ダンボールの表面に大きな文字で「Japan元気塾救援物資」と記載して、「中身」の記載をお願いします。
・救援物資はできるだけコンパクトにまとめてお送りください。
・現在は、上記の救援物資をより早く被災地にお届けする予定ですので、他の救援物資については、発送しないようにお願い致します。
※発送して頂きたい救援物資は現場の状況で随時変化しますので、発送前に確認をお願いいたします。

以上、何卒どうぞよろしくお願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Japan元気塾
株式会社創栄Group内
加藤秀視 東日本大震災復興支援プロジェクト事務局
TEL:0288-23-8123
FAX:0288-23-8130
MAIL:shushi_ranger@yahoo.co.jp
URL: http://www.japangenkijyuku.com
Twitter: http://twitter.com/japangenkijyuku

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆メルマガ登録はこちらから
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=2843

◆メルマガ解除はこちらから
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=2843



=========================


私も、
募金以外に自分にできることは何だろう?と、
考えながら毎日をすごしていましたが、
少しまとまってきました。

ブログなどでアウトプットしていきます。



ツイッターがAPI制限で使いづらくなってます(;^ω^)

んー、なんか、もう別につぶやかなくってもいいな。
ブログとfacebookあるもんね。

ではでは。




信じられないようなことを平気でする人がいます。
例えば、学校や職場で仲間の悪口を言う人。

事実を言うのならまだしも、
自分の勝手な想像から
「あいつはどうせ○○なんだろう、そうにきまってる 
⇒きっとそうだろうから、周りはこう影響されるだろう 
⇒ あぁいやだ、かかわるのはやめましょう」

というようなことを、いいます。
ひどい時には無視という行動に出ます。


事実ではなく、
“どうせ○○だろう”という、自分の主観・思いこみを他人に話すその人は、
それが事実なのか想像なのか判別がついていません。

一人が言い出して、それを聞き入れ同調する人がいれば、
誹謗・中傷はエンドレスとなります。
そして学校や職場の雰囲気は悪くなります。


わが身を守るためには、その会話に同調しない。


「あぁ、あなたはそう思うんですね、では私はこれで」
と、交わしてみてください。

あなたのところで、学校や職場がこれ以上腐るのを止めることができます。
社会への素晴らしい貢献です。

阻止せずに、巻き込まれていくと、いろんな害が現れます。

「へー○○さんって、そんなことやってんだ、ホント~ひどいね~」
なんて、同調した日には、
あなたはその悪口を言いふらす人と同じように、
嫉妬か憎しみか自己嫌悪か、なにがしかのマイナスの思いを感じ、
その不満をまた別の人に話す……悪循環が生まれます。


そして学校や職場が腐っていきます。


あなたは学校や職場と一緒に腐りたい?

それとも、

「自分は自分!そんなことには振り回されない!」と、輝いていたい?

どちらを選ぶのも自分次第ですので。




こんにちは。やかたちあきです。

今日はクリスマスイブ。
みなさんはどんなクリスマスを過ごしていますか?
私は家族と、大切な人と、幸せな時間を過ごしています。


さて、先日 到知出版社のメルマガに素敵なお話を見つけたので、
皆さんにもぜひ読んでいただきたいと思い、ご紹介します。

到知出版社編集部の小森さんも、
このお話を、皆さんにご紹介することを喜んでくださっていました。


山森さんと、到知出版社小森さんと、私からの
クリスマスプレゼント、受け取って下さい。


=========================
「昭和最後のクリスマスイブ」
      
      
山村洋子
(研修プロジェクト「Tea Time Network」主宰)
http://www.chichi.co.jp/essay/yamamura/

─────────────────────────────


「わかりました。やめさせていただきます」

一礼して、そのまま自分の引き出しから
わずかな荷物を紙袋に詰めて、私は部屋を出ました。
一瞬めまいがしたように思いました。

「いったい何が起きたのだろうか」

私は、失業したようでした。


(中略)


家に帰ろうと思い、愛用の赤い自転車のハンドルに
手をかけましたが、さすがにその日は
自転車を漕ぐ元気はありませんでした。

そのまま自転車を引いて、トボトボといつも通る
繁華街の女子大小路を抜けていきました。

女子大小路は妙ににぎわっていました。

それもそのはず、その日は12月24日、
クリスマスイブだったのです。
仕事に追われ、クリスマスが来ていることも忘れていました。

「今日はイブか…。それにしても
とんでもないプレゼントをもらってしまった…」

そんなことを思いながら、アパートにたどりつき、扉を開けたとき、
突然現実の重みが私にのしかかってきました。

これからどうやって暮らしていけばいいのか。

そう思うと全身が震え、私は思わず
床にうずくまってしまいました。

『赤い自転車に乗って』より抜粋



床にうずくまったまま、私はしばらく途方に暮れていましたが、
急にからだの力が抜けたのか、
それとも今までの疲れが一気に出たのか、
そのままソファにもたれて、うたた寝をしてしまったようでした。


どれほどの時間が経ったのでしょう。


電話のベルがしきりに鳴っているのに気がつきました。

今頃、誰だろう…。


時計の針は夜の10時半をさしています。
おもむろに受話器をとると

「もしもし、山村さん?」と明るい声が聞こえてきました。
「はあ…」と気のない返事をすると
「私、管理人の今井です」と返ってきました。

「さっき帰って来られた時、後ろ姿を見ましたが、
 何だか元気がなかったみたいで…。
 大丈夫ですか?」

「あっ。ええ…。ご心配かけてすみません」

「私、きょうは当直なので、さきほど
 遅い夕食をとりに近くの寿司屋へ行きました。

 山村さんいつも帰宅が遅くて食事の用意
 たいへんだろうと思って、帰りに巻き寿司を買ってきましたよ。
 ビニール袋に入れて今、玄関のドアに引っ掛けておきましたので、
 よかったらそれを食べて下さい」

何ということでしょう。
まだこのアパートに入居して2ヶ月も経っていないというのに、
そっと人の動きを見守りながら、黙って気遣って下さる管理人さん。

「あ、ありがとうございます。食事まだでしたので助かります。
 ほんとにすみません。ありがとうございます」

恐縮して何度も礼を言うと

「何か困ったことがあったら相談して下さい。
 山村さんは私と同じ岐阜県の人だから
 いつでも協力しますよ。では…」
 
と言って、静かに電話が切れました。
どこか素朴な感じのする年輩の管理人さんです。

玄関に行ってドアを開けると、
取っ手のところに不透明のビニール袋が掛かっていました。

おや…。巻き寿司にしては少し重いようです。

私はビニール袋をそっと抱えて
小さなテーブルの上に置きました。

折に入った巻き寿司を取り出しましたが、
まだほかにも何か入っているようです。

再びビニール袋に手を伸ばすと
中からペットボトルの暖かいお茶とリンゴがひとつ。

小箱に入ったチョコレートと
小さなパックに入ったイチゴショートケーキがひとつ。
数センチの赤と緑のローソクが2本。
そして最後に冷たい缶ビールが2缶出てきました。

「こんなにたくさん…」

ひとり呟きながら、テーブルの真ん中に巻き寿司を置き、
その周りに袋から出てきたものをすべて並べると、
小さなテーブルはいっぱいになりました。

「今井さん、ありがとう」

そう言って私は最初に缶ビールの蓋を開けました。

乾いた喉に冷たいビールは美味しかったけれど、
さすがに食欲はありませんでした。
缶ビールを片手に、何気なく赤いリンゴに眼をやると、
その表面に何やら油性マジックで

字が書いてあるのが見えました。

「何だろう…」

私はリンゴを手にとり、ゆっくりその文字をたどっていきました。

“メリークリスマス 山村さんに祝福を”

「ええ!これは今井さんからの
 クリスマスプレゼントだったのだ。それでケーキが…」

初めて気づき、私は慌てて2本のローソクをとって、
ガスコンロで火をつけ、
イチゴショートケーキの上に差し込みました。

そして、部屋の明かりを消し、
小さな電気スタンドに切り替えて、
ローソクの明かりが静かに揺らぐのを見つめました。

思いがけないクリスマスイブの贈り物…。

私はきょう、“失業”という
やはり思いがけないクリスマスプレゼントをもらいましたが、
しかし、そのすぐあとには、こんなにも
暖かい思いやりに満ちたプレゼントを手にしました。

それは、あたかも地獄の底に垂らされた
天国からの1本の糸を見るような思いでした。
きよし、この夜…。

ひとり口ずさみながら、背筋が寒くなるような
失業の痛みを感じつつ、テーブルの上の小さなケーキを、
赤いリンゴを、そしてゆらゆら揺れるローソクの明かりを
見つめていると、ふいに涙がこぼれました。

お腹は空いていないのに、なぜだか巻き寿司の折に手が伸びました。

メインディッシュの巻き寿司を口いっぱいに頬張ると
涙はいっそう溢れ、嬉しさと悲しさが交錯して、
どちらともつかぬ涙は、いつまで経っても
とまることはありませんでした。

昭和最後のクリスマスイブのことでした。

年が明けて…。

ささやかな希望と絶望は、
人の世の塵にまみれながら、さざ波のように行ったり来たり…。

それでも、生きようとするその命の確かさがある限り、
光は差すところには差してくれるようです。

赤い自転車が、その後の私の人生を大きく変えました。

そういえば、その自転車を譲ってくれたのも管理人さんでした。

人の情けが痛いほど身にしみる平成の幕明けです。
そして春に向け、小さな前カゴに
愛と勇気と気概をいっぱい乗せて、
赤い自転車はいよいよ本格的に走り出します…。

         平成22年12月 そして新しい希望の年へ




…………………………………………………………………………………………
山村洋子さんの好評著書
…………………………………………………………………………………………

『赤い自転車に乗って』(致知出版社刊)
⇒ http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=794&category_cd=


致知出版社の「人間力メルマガ」より
http://archive.mag2.com/0000192277/index.html


=========================

だれもが心に持っている愛や優しさ、想いやり、
あなたは、誰と分け合いたいと思いますか?


メリークリスマス!
このブログに訪れた皆さんが、
素敵な時間をすごされますように。

こんにちは。やかたちあきです。


昨日10月7日は私の誕生日でした。

皆さんからお祝いのメッセージをいただき、

どうもありがとうございました。

ひとつひとつのメッセージに感激し、

私はこうやって皆さんに支えられているんだなぁと思うと、

嬉しさもひとしおでした。




家族には、お祝いパーティーを開いてもらって、

幸せで素晴らしい時間を過ごしました。


そして一日が終わり、

寝る前に、家族や仲間のひとりひとりに対して、

「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて顔を思い浮かべると、

ますます幸せな気持ちがあふれてくるのです。



家族や仲間の力は、私を優しい気持ちにしてくれる

無限のエネルギー。


皆さん、本当にありがとう。
これからもよろしくお願いします。





私が運営しているある掲示板に、

ある方が投稿されたものを読み、思ったことがありました。



それは、

「口に出せない苦しみや辛さ」


こういったものを、自分の心の中に抱えて、
苦しみ続けている人が、きっと多くいるんだ、

と、言うことです。



その投稿された方は、二年前からさまざまな事情で苦しみを抱えられていて、

今回初めて掲示板の場で吐き出されたのだそうです。


私はその投稿に対して、心からの気持ちを返信しました。




苦しみや辛さは、

勇気を出して口に出してみることで、

周りに少しでも伝わり、



理解してくれる人、共感してくれる人、
同情してくれる人、関心を持ってくれる人、
応援しようとしてくれる人、

……が集まってくるのかな?と思いました。



しかし、
勇気を出して、口に出して伝えてみたけれども、
思うように他人に理解してもらえなかった

と、いうことがたとえあったとしても、


まずは、自分自身に対して、
「自分はこんな風に思っていたんだな」
と、自分の状態を客観的にみることができて、
自分で自分のことを理解することができたことだけでも、
喜べるものだと思います。



自分で自分を理解する、第一歩は、

今の思いを書き出してみる

と、いうこと。


その上、周りから理解されれば、更にうれしい。





今、苦しみや辛さを心に抱えている方へ

思いを書き出すことに、
チャレンジしてみませんか?





先月のことですが、1月24日は、産業カウンセラーの学科試験でした。

試験前から当日試験直前まで、たくさんの応援メールをいただいたおかげもあって、心強く当日を向かえることができたことに感謝しています。

受験勉強を通じ、資格試験の勉強というのは、ただ試験に通過するためだけのものではなくて、自分の仕事・人生に活かせる知識を蓄える、インプットのための効果的な手段なのだと、感じました。

ですから、一生懸命に取り組んだことが、達成感をもたらすのですね。

ビジネスは結果を出せてなんぼ、とは思いますが、

純粋に、自分の一生懸命やり続けてきたことにも

素晴らしい価値がある、と思っています。

だからこそ、このインプットが多くのアウトプットにつながると信じることが

できるのですよね。

たくさんの応援くださった方に、感謝をこめて。

ちあき

今年度は、セパ登別の立上げ、

登別市教育委員会主催の講演会、

登別子ども劇場の高学年担当、

年間通しての各種試験勉強、

その他あれこれ、

多くのスケジュールを一心不乱にこなす毎日でした。



それらの活動が今日一段落しました。



ひとつひとつをやりきった爽快感が

今一気にやってきた感じがします。

とてもうれしい気持がこみ上げてきます。



ターゲットを決めてそこに向かって集中する、ということ、

本当に、気持ちのいいものです。



今月~来月は、

ゆめみ~ると室蘭市市民活動センターでの講座がありますが、

気持ちにこれまで以上にゆとりのある今、ますますエネルギーを高めて、

皆さんに満足してもらえるワークができればいいなと思っています。



どうぞよろしくお願いします。



昨日、FMびゅー という
地元のラジオ局に行きました。

ここは、室蘭まちづくり放送株式会社 が運営している室蘭地域のコミュニティFM局です。


何しに行ってきたかというと、
ズバリ!DJになりたいな!


って……ことではなくて、


私の活動を、少しでも多くの方に知らせるために、
力を貸してもらいたいなぁと思いまして。

同じく、FMビューを運営しているボランティア市民団体、
「ぼこいふじエンターテイメント」の前澤氏に案内をお願いし、
訪問したのでした。


パーソナリティーの井川康子ちゃんが、
きらびやかなスーツでお出迎えしてくれました。

「あっ、いつもこんな服装してるわけじゃないんですが」と康子ちゃん。


実は私も、
井川康子ちゃんをはじめ、びゅーの皆さんには以前もお会いしていたので、
お初ではなかったのですが。

(数年前に、ぼこいふじさんが、玉川大学 太宰久夫さんの表現力向上セミナーを
主催されたときに、参加させてもらったんですよネ~

そのころ私はコーチングを始めたばかりで、
自分を表現することに関心を持つようになったんです)


ガラス越しのスタジオでの、
DJけんみさんのオンエア中のリラックスした様子に、
すごいなぁ~と感心しているところに、


室蘭まちづくり放送の沼田勇也代表(ぬまっち)がお戻りになり、

名刺を渡して「あぁやかたさん」と
思い出していただけた。
嬉しかったなぁ。
そして彼は相変わらずパワフルオーラを出していました。


まずは再会を果たし、次の機会もとりつけた。

さぁこれからどのような形で構想を現実にしていくのか、と
いまからワクワクしている私でした。


久しぶりに夜更かしです。
おやすみなさい。


やかたちあき
ちょっと気の合う感じのメンバーで、
お友達のねぎらいをテーマにしてお食事会をしました。


メニューは焼き肉、
普段の私は自分で焼いてチビチビ食べるスタイルなので、
他の人に焼いてもらって食べる格別の味に
妙に感謝の気持ちがわきつつ 味わいながらいただきました。

個人的オススメは、Tさんの塩ホルモンブラックペッパー増量。
これがとっても新鮮で、くせになりそう~~~
長万部のサンミート木村さんのホルモンもかなわない、かもよ!


二次会はカラオケBOX、
歌は歌わないよぉーというしーぷちゃんも、
モー娘以上にかわいい歌声聴かせてくれてありがとう。
それにしてもみんな歌が上手で、聴いてる私は癒されちゃいました。


そしてKくんはこのあと彼女のもとへ
3時間以上の道のりを走ったようですが、無事に到着したかしらね。
お土産は気にしないでね~


気を使う職場の飲み会とは違って、とっても気楽なお食事会。
すごくゆるゆるな気分で、すっかり「素」の状態だった私です。

時間を共有してくれた皆さんどうもありがとう。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。