ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
私を感動させた人物を二人、紹介します。
(二人目は次回投稿します)

一人目は、イギリス人のポール・ポッツ氏。
ご存知の方も多いと思いますが、
2007年の6月にイギリスの素人オーディション番組
「ブリテンズ・ゴット・タレント(Britains Got Talent)」で優勝し、
瞬く間に世界でアルバムデビューを果たした方です。
(先月日本でもコンサートが行われましたが、
二日間とも満員だったそうですね)


先月の産業カウンセラー養成講座受講の日、
時間があったのでネットカフェにいたのですが、
そのとき偶々ネットで見つけたのが、
ポールさんがオーディション番組で歌う映像だったのでした。

失礼ながら、なんだか見た目がふにゃふにゃしているし、
しゃべることも自信なさげに感じます。
「夢は生きがいと感じることを仕事にすることです……
いつも歌を仕事にできたらと願っていました……
僕は自信を持てずにいつもつまずいています……
完全に自分に自信を持つことができないのです」

それがこのポールさん、
プッチーニの「Nessun Dorma」というオペラの曲を歌い上げたのです。
外見からは想像がつかないくらい大胆に堂々と、
私の心には非常に強く迫るものでした。
審査員の女性が涙ぐんでいましたが、
私もネットカフェの個室で目頭を押さえていましたよ(想像しないでね……笑)

そ・し・て、期待どおりに彼は勝ち抜き、なんと優勝しちゃうんです。


ポールさんはインタビューでこう言っています。
「夢は生きがいと感じることを仕事にすることです、
いつも歌を仕事にできたらと“願っていました”」

彼は全くの素人ではなく、1999年から2003年の間、
一時オペラに出演したことがあったという情報がありますが、
そんなことは問題ではなくて、
イケてない(失礼)携帯電話のセールスマンだったポールさんが
“いつも歌を仕事にできたら”という思いを持ってこのオーディションにのぞみ、
勝利をつかみ取ったということが、どんな意味を持つのか、と考えたいのです。

「自分の声がいつも親友でした。
学校でいじめられたときはいつでも自分の声が頼りでした。
いまみんながなぜ僕を信じてくれているのかわかりません。
僕はいつもはみだしっ子でした。
たぶんそれが自信を持てない理由だったのかもしれません。
歌っているときはそんなことはどうでもよくなります。
自分の居場所にいるという感じです」

歌っているときは、自分の居場所にいる……まさに、潜在意識レベル。
そして、自分の心からの“歌を仕事にできたらという願い”に気がつき、
あの「ブリテンズ・ゴット・タレント(Britains Got Talent)」のステージに立ったのですよネ。
私は、彼がどんなきっかけで、
自分の心からの願いに気がついて行動を起こしたのか、
というところに、興味が湧きました。


ぜひご覧ください。

















ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。

今回は「要約」という課題がちょっと難しかったです。
要約というのは、クライアントの話を聞きながら、
適当なタイミングで「あなたの話は~で、~で、~だから、~ということなのですね」と
話をまとめる作業。
でもこの課題のとき私は、
クライアントさんの話に感動しちゃって、
要約なんか飛ばしちゃって
「○○さん、ご家族を深く思う気持ちにあらためて気づかれたんですね」
みたいなことを返しちゃったんですよね。
(親子や家族の愛がテーマだと、も~盛り上がっちゃうんです…… 
ついつい感情的になっちゃって、目頭が熱くなったりして、話に入り込んじゃう)

結局それはクライアント役の方からは好反応でしたが、
私が涙交じりのカウンセリングをしてしまったので、
講師の方からは「今日は感情が不安定だとか、ですか?」と聞かれちゃったりして……

感情的なものが出てしまったことや、
課題に対して取り組むことが弱かったことに
自分自身納得がいかなくて、どうしたものかと。
(この日提出した宿題が、自分の少年少女の頃の思い出についての
作文だったのですが、これをまぁいろいろと書き連ねるうちに、
両親への感謝の思いや家族を愛する喜びの気持ちが募ってきて、
しかもそれが当日の朝、電車の中で書き上げたものですから、
その時の高ぶった気持を引きずったまま、
カウンセリングに臨んだわけでして……)


で、考えた結果はというと、
きっと私は、これくらいわかってるよ、と思いあがっていたのです。
この講座は、まったくの初心者も学べるように、
カウンセリングの基本を教えるためのプログラムとなっているそうですが、
基本というのは、どこの世界でもとっても大事なことなので、
こんなのわかってるよ、などと驕ることの無いよう、
教えにそって“ここから何を学べるか?”という考え方で
謙虚に、しかし貪欲にのぞんで行こうと思いました。




それから、もう一つ思うのは、
カウンセリングを学ぶのが初めてで
基本を最初から学んでいく人もいれば、
ある程度場数を踏んでいて、
そこそこ理解できている人もいるわけで、
このように受講者のレベルはそれぞれ違うでしょうし、
人によっても、課題によって楽に感じたり、難しく感じたり。

そこを一緒くたにして学ぶということは、
教える方も受ける方もストレスが多少なりともあるかなぁーと
思ったりするのですよ。
この日の私のように、
「そんなのわかってる」って思うくせに実際は実践できなかったりする
愚かなことも起きちゃいます(笑)
頭で理解しているつもりでも、実感できていないから、行動につながらない、
って状態。

でも、66名の受講生がマンツーマンでなんてありえないですよねー。
だから、グループ実習の良さをどんどん吸収していこうと思います!


そして、自分が仕事としてコーチングやカウンセリングができるようになったときには、
1対1の関係を大事にしていこうと思います。
なぜかというと、
リアライズのミッションライフコーチングはマンツーマン、1対1のコーチング。
目の前のクライアント一人ひとりの心に添ったコミュニケーションをしながら、
ミッションを探っていく。
コーチ養成だってマンツーマン。
自分にあったレベルで学び、理解していける。
私が2004年まで指導していた公文式もそう、個人別学習。
ひとり一人の学力に合った教材で学んでいく。
自分のレベルで学べるから、理解できるし、
わかるから、学習が楽しいと子どもたちは感じるのです。

会社でだって、家でだって、人とかかわるときには、
1対1、の関係が心地よい。

“マンツーマン”というのは、私にとっては今までもこれからも、外せないキーワードです。

ということで、とりとめのない、感じたこと・思ったこと、でした。

ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。

今日は、産業カウンセラー養成講座の二日目です。
田舎から出てきたもんですから、
JRの関係でとんでもなく早い時間に着いてしまって、
今、ホテルの下のネットカフェから書いています。

子供たちは、今頃起きたかなぁ。
後で電話してみますけど。

今日は土曜日ですが、子供たちは学校があります。
小学校も高校も、今日は授業参観日なのです。

なのに、母はここにいる。


朝ごはんと昼ごはんは朝3時に起きて
作っておいてきました。
二人とも参観日ですから、2時間くらいで帰ってきますからね。


二人への手紙も書いてテーブルに置いてきました。

「今日は参観日なのに、行けなくてごめんね。
必ずコーチとカウンセラーになって、
家で仕事ができるようになるからね」


書きながら、はっ、としました。


ただコーチとカウンセラーになる、じゃないぞ。
いつまでに、ってのが抜けてるじゃないか。
私、ぼんやり講座を受講してもダメダメと思った。


だから、私今日は宣言します。
平成21年1月の産業カウンセラー試験を受けて、3月に合格します。
平成20年7月にMLCのプロコーチ認定を受けて、京都でコーチデビューします。
ついでに言うと、
平成20年12月に本を出版します。


そして、来年の今頃は、家にいて、
子供たちに、

「いってらっしゃい」
「おかえり」

・・・・・・といってやるぞ!



さぁ、これから養成講座が始まる。



ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。






昨日の夜のことです。

めったに自宅へ電話がくることがない私へ、
聞いたことのない声の男性から電話が。

んーまたフレッツ光の営業かい?と思いながら、
取り次いでくれた息子から受話器を受け取り、
「はい、○○ですぅ」と出てみると、
「あっ、私、□□出版の××と申します~」

びっくりくりくりっ(・o・)出版社の方からの電話です。


わぁー電話をわざわざくれるなんて、
もしかして、丁重にお断り……?
と思いきや、なんと今回の企画は形になるぞと!いえ~い!


あいさつと、簡単な説明で電話を切りましたが、
後からもっと詳しいメールをいただいて、
本を出すなどということに全く初心者の私にも、
よくわかる内容の説明で、納得できました。

しかも、会社の皆さんや、社屋の写真までいただけて、
とっても温かい、家庭的な印象です。


というわけで、
これから8月までに原稿を書き上げて、
年内に刊行という予定で始動!


シナリオ作り、挿絵など、できるなら全て
私と子どもたちで相談しながら、
作り上げれば最高だなぁ。


進捗は、少しずつここに書いていこうと思います。


あ~どきどき、わくわく!
今年の私は、どうなっちゃうんだろう!


ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。









私の中のエネルギーが、

自分の望むものに生まれ変わっていっている。


覚醒し、活性し、
しかも、似たようなエネルギーを引き寄せている。



―――年度が変わって、
この一年を思い返し、周りをみたときに、
感じたことでした。


この感覚が無限に高まっていったら、
どうなる?

自分の思う通りの喜びの世界となっていくことは、
簡単に想像できるようになりました。


セルフコーチングによって、
私が誰なのか、とわかったことから、
本当の自分の世界がみえたんです。

ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。

昨日はPTA送別会でした。

一年間、学年部長として仕事させてもらったので、
今年は私が送られる側。

わが子のことを最優先にして、
会社の仕事や、その他地域の関わりともバランスよく
こなしてきたつもり、だから、いい思い出ばかり。
忙しい一年だったけど、得たものは大きい。
それは、人と関わることの喜びを更に感じたこと。
思いを共有することの喜び、っていうかね。
だから、
部員の皆さんとの交流は、本当に楽しかったぁー。
あったかい仲間に感謝の一年でした。
送別会では、そんな思いをみんなとわかちあいたいな♪

などと思いながら仕事を片づけていると、
ギリギリになって突発が入り、
なんだかんだで遅刻して会場に到着することに。

転任される先生・他に退任する役員の挨拶も一通りすんで、
乾杯も終わり、さぁ食べるぞ――ってなところですよ。

たった一人注目され挨拶。
ビールをおあずけされた皆さんに悪いなぁと思いつつ、
べらべらしゃべって、花束をいただいて、やっと着席。


運よく担任のH先生の隣に座らせてもらえたので、
教師としての話を伺いたく、話し始めるとすぐに、
「せんせ~い、おせわになりましたぁ~!」と
うちらの間を割って、
他の保護者や後輩の先生がH先生にお酌にくる。


ありがとうございましたぁ~
お疲れ様でしたぁ~
やんややんやぁ~


それを3~4回くりかえすとね、
いい加減私もどうでもよくなっちゃって、
結局、反対側の同じ学年の母さん方と盛り上がってた。


そこにいたある母さんが言ってたこと。
「女の子はね、勉強しなくても、人を見る眼だけ育てればいいのよ、
男を選ぶ眼がしっかりしてないとね」
“勉強しなくても”ってところは抜きにして、
人を見る眼ってのは、ポイントかなーと思った。

私の解釈だと、
この 人を見る、ってのは、人を育てる、ってことに
通じるかなーと思った。

たとえばAさん。
私に対するAさんの姿と、他人に対するAさんの姿って
ちょっと違うと思うんだ。
私も、Aさんの人柄や性質に合わせようとするし。
BさんにはBさんへの対応、ってあるし。
まじめな人にはまじめな話題、冗談好きなら冗談かえしたり。
みんな人に合わせようと、するよね。

とすると、Aさんの態度は私に合わせた私に対しての態度なんだから、
私の対応次第で相手の対応は変わるんじゃないかと思うんだ。
こっちの出方次第で、会話(理解しあうこと)が盛り上がるか、下がっていくか。

これを簡潔にいうにはどんな言葉を使えばいいか分からないけど。
(だから子どもたちに「お母さんは、話が長い」と言われる)


やっぱりそれは、人とかかわって感覚を磨くこともありだけど、
相手の呼吸に合わせる、って技術が必要なんじゃないかーと
思ったりしたわけ。



「ねーあのさあのさ!」←テンション高い
「何何何!?」←ノリで返す


「あのね……昨日ね……」←ちょっとうかない感じ
「ん?どうしたの……?」←ペースを合わせてちょっと静かめに


この送別会の席で得たものは、
人との会話で大事なのは、呼吸を合わせること。


二次会へは行かなかったけどね、
みなさんと一緒に過ごした時間は、私にとって充実していて、
とてもよい一年間でした。
ありがとうございましたぁ~。


さっ、ここからはコーチ&カウンセラー業に専念するぞぉ!


送別会

ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。


がんばっている自分へ

腹が立つったらありゃしない!
もーーームカつくぜ!


今日は社長が早く帰ったの。
だから私も定時で上がれて、
家で子供たちとたくさん話して、遊んでハッピー♪
のはずだったんだ―――――


あっ、いま、子どもたちは春休み真っ最中。
報告していませんでしたが、
るなは無事高校に合格、ぽこは新小4となります。
応援してくださった皆さん、ありがとうございました。


普段、私が仕事で家にいない分、
姉と弟が協力し合って生活してもらいたいって思ってるんですよ。
自分の下着を洗うとかねぇ
夕食のお米を炊くとかねぇ
やることやってから、遊ぶ。
それって、私の理想が高いのか?
いや、そんなことない、
この子たちは、じゅうぶんやれる。


―――しかし、帰宅して家の状態をみると、
そんな期待はどこへやら?



なんじゃこりゃ!



もー腹が立って、
夕食のときも、まだおさまらなくて、
なぜか涙がぶわーーーーっと出て止まらない、
あふれてもあふれても
ふきもしないで、

号泣しながら、
カレーライス食べてたよ。



こどもたち、びっくりして、
何も話しかけてこなかった。
(私も自分の涙がとまらないのにびっくりした)


一番に食べ終わって、すぐに
ひとりでお風呂に入った。


ちょっと離れて、冷静になれば、
客観的になれて、また、いい母にもどれる。
なーんてことは思えません!
もーとにかく、子どもたちから離れて、
一人っきりになりたかっただけ。


浴槽につかりながら………
じょーだんじゃないよ、
なんだっつーのさ、
健康で生きていられればそれだけで幸せ?
けっ!そんなのんきなこといってられないよ、
こっちの身にもなってよ!
父親と母親、サラリーマン、一人3役やってんだぜ!
そんなにたくさんのこと、私ひとりでちゃんとやるなんて、
無理なんだって!
わかってんの?私!
ちゃんと完璧にやろうとするから、
無理だって思うんだべさ!


って心の中で思ったら――――――――


かかえているモヤモヤが一瞬で、
ぱらぱらぱらぱら……っと、
なんていうか、トランプが一瞬でまとめられるような、
そんな感覚で、


すっきりした。





怒りを殺すな。
怒りきれ。
怒っている自分だって、オッケーさ!

怒っていいんだ。
バカヤロー!



そしたら、心の向きが180度くらい変わった。
(と、思う)





怒りを表現するのも、感じるのも、
自分のレベルでやればいーんだ。


そうしたら「今の自分、結構よくやってんじゃん」
って、ふと思えちゃったりしてさ。


無理しなくったって、今の自分でいーんだ。
自分以上になろうとするから、つらいんだ。



みんながみんな、自分のレベルでやれることやればいいんだ。





もし、今日の私みたいに、
自分以上になろうとしてつらい思いをした人や、
人生思い通りにいかなくてつらいっていう人は、
リアライズの、
無料PDF冊子を読んでみて。

私の自己改革はここからはじまったんですよぉ~。








ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。




1.キープスマイル!→笑顔は幸せを呼ぶから(^u^)

2.すべて肯定→感じること思うことは、人それぞれ。私は私で、人は人。素直に受け止めたい。

3.わからないことや違和感を感じることは、相手に聞いて理解する→どうしてあなたはそう思うの?あなたを理解したいから。

4.読書で線を引いたところは、ノートに書き出す→そして、自分はどう思うかを考えて書くことで、自分のアイディアにする。

5.無理をしない→人に合わせることをしない、自分が自分の最大の理解者だもの。

6.知恵と工夫→私に与えられた能力を最大限活かすために。

7.時間を大切に行動する→時間を限定すると集中が深まるし、質も良くなる。

8.決める→優柔不断でいることは自信喪失を加速させる。

9.自分のペースでOK!→私の世界は誰にも支配することはできない、私の世界の主人はこの私自身、と理解しているから。

10.楽しむ!→マイナスオーラを避けて、エネルギーの満ち溢れる世界にいたい。


私、よく楽天的だとかポジティブだとかアクティブだって人から言われます。
でも、一年前はとてもこんな自分になれるとは思いもしなかったんです。

今は、誰でもなれるものだと信じています。
これも、ミッションライフコーチングのおかげです。


ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。



過去の私なら、
どうせ私はそういう人間さ、と思った。


でも、今の私は、
弱点を見つけた!ラッキー!と思える。
自分で解決できないことが、
自分の身に起こることはないんだもの。


コーチとしての私には「自信を持って話すこと」が
今よりもっと必要なんだ。
そう気づいたとき、自信たっぷりにしゃべる自分に
向かい始める。

どうしてかって、
“自信を持って堂々とする”にはどうしたらいい?と
意識がそこに集中しだしたら、
自信を高めるための情報が集まりだすから。
正確には、自分で情報に気づき出す、ということ。
今まであったのに見えていなかったことが視界に入る、というか。

あとは、集めた情報を一つ一つ吟味して、使いだす。
そう、行動を起こす。


そうして、昨日よりも自信を持って話している自分になっていた。


やらないでいればずっとそのままの自分。

ね。
少しずつ、あせらずに、
自分のレベルで、できることを積み重ねていこうよ。


ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。