ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっとPRです。


本日、登別子ども劇場の運営委員会に出席してきました。


子ども劇場というのは、簡単に言うと、

子供たちのために劇団さんをお招きして

ちびっ子ばぶから大人まで、み~んな一緒に観劇するための活動をしたり、

自主活動の様々な手作りイベントで親子の交流を図るということを

しているところなんです。

(全国にあるんですよ、ご存知でしたか?)



私はその中でも小学4年生以上の子どもたち(高学年と呼ぶ)の

自主的な集まりの見守り役をやらせてもらっています。



さて今日の話し合いは、二日前に行われたイベント

「雪と遊ぼう!」の振り返りがメインでした。


「雪と遊ぼう!」は、2月7日(土)登別市の川上公園で行われたのですが、

心配していた天気は快晴!

雪質はガリガリ状態でしたが、なんとかソリが滑れる程度ありました。


このぽかぽか陽気のもとで、

下は0歳のぴよぴよちゃんから、父さん母さんまで総勢64名で、

ダイナミックな雪遊びをしてきたんですよ~~(^O^)


会議に参加していた皆さんの声は、どれをとっても、


子どもたちみんなのいろいろな成長が見れたこと、

子どもたちとのかかわりがますます親しくなったこと、

地域、年齢を超えた子どもの交流がますますふかまったこと、


などなど、喜びの声ばかりでした。



子ども劇場は、特別なことは何もしないけど、

み~んなが、わが子と地域の子どもたちと

あったかくかかわりあいながらお互いに育ちあいたい、という思いが

いつも真ん中にあるんですよねー。

だから、これがダメ、あれがダメ、っていうのはなくて、

これもいい!あれもいい! そんな受容の雰囲気が心地いいのです。





登別の皆さん、親子でぜひ参加してみませんか?

次回の例会は4月20日です。

人形劇団むすび座さんの「ちっともコリン君!」を観ますよ。




話は雪遊びに戻って、

私が「雪と遊ぼう!」で一番楽しかったのは、
ブルーシートすべり競争!

これは、地区の親子全員が一枚のブルーシートに団子のようにくるまって、

(一枚のシートに15人とか16人とか乗るんです)

丘のてっぺんから滑る距離を競うゲームなのですが、

これが最高おもしろいの~~!


前を向いていたはずの親や子が、

滑り始めるとだんだん斜めになったり、みんな横滑りになったり、

ごろんと放り出される幼児さんがいたり。


我が鷲別ブロックは滑った距離が一番長かったようで、この競技では勝利!


他にも、そりリレーや雪山高さくらべなど、

盛りだくさんの競技が終わったら、

最後にみんなであったかいココアとビスケットを食べて、おしまい。




子どもたちもきっと良い思い出になっただろうな。



次はどんな遊びができるかな?楽しみだね。




関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://39friends.blog100.fc2.com/tb.php/71-6b9d284e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。