ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
昨日「カウンセリング練習ね」と言って
娘と15分間話した内容が、
今朝起きると、頭の中からところどころ消えている。

でもね、私は、その時その時真剣に聞いていたと
思うんですよねー。
話の内容に、共感が薄いから、記憶にないのかなぁ。
エビングハウスさん、二日って本当?


記憶にとどめられる時間が短いからなのかなぁ。
会話の中のちょっと前の内容が
もうとんでいたりしてね。



話の内容を記憶にとどめながら、
しかも話の流れを考えながら(予測しながら)聴く、というところまで
いけるようになるには、
何が必要かなぁ?

今は、
相手の言葉を追いかけるだけで精いっぱい。

答えは相手自身の中にあるのだから、
こちらが会話を操作してはいけないし。

と思っているから、相手の言葉をただ聞くだけ。

ただ、話していて、
相手自身の中に、何かがまとまってきたときや、
絞り込めてきたときに、
そこから逸れることを聞くこと(興味本位の質問というの?)はまずいと思うが、
質問をして、整理をつけることを促すことは
あってもいいと思うんだよね。
その、整理どき、ってのが、つかめない、と思って、
不安になっていたんだ。

どうすれば、その整理どきというのを、
つかめるかな?
訓練?日常生活の会話?だろうか。
会話が苦手って意識はあったよなぁ。


そもそもどうして私は日常会話を苦手と思っていたんだろう?
しゃべる自信がなかったからかな。
変なこと言ったら変な人と思われる、とか、
そんな思い込みがあったんじゃないかな。
だから、自分の言う言葉にばかり集中していて、
相手の話を聞けていなかったんだよね。

まずすることは、何かなぁ。


整理どき、っていうのは、
やっぱり「うまいこと言ってやろう」っていう
欲の表れかしら?
「この私が、整理してやろう」みたいな?(笑)

純粋に、自分が疑問と思うことを、
聴く、という意識でいいんだよね。

相手に共感しながら、相手の言葉と気持ちを
聴いていく、
相手の気づきを信じて。

今は、そんな風にしか思えないや。
(できている、できていない、はおいといて)



なんでこんなにぐるぐるしているかって言うと、
日曜日カウンセリング実習の時に、
私がカウンセラー役で、
クライアントさんが、自分の話を絞りこめてきたときに、
せっかく流れがまとまってきていたのに、
それを元に戻すような、的外れ?逆戻り?なこと、を聞いちゃった、
みたいな指摘が観察者さんからのフィードバックにあって、


私自身が相手を知ろうという意識で、
「今までのお話を聞いていると、~~で、~~ってことだと思うんですけど、
そういうことですか?」
と聞いたことが、

と、ここまで書いて、気づいた。

「~~ってことだと思うんですけど」

この思う
……が、ちょっと変だな。

質問じゃなかったな。
これじゃ、なんかカウンセラーが断定しちゃってるような、
上位に立っているようにもとれるよね。


「今までのお話は、~~で、~~ってことですか?」
って、いうことにしよう!



そうか、私は上から見ていたのかもしれない。

それじゃーこれからどうしようか。
同じ目線でいるように、心がける。
そうしてみよう。

しかし、交流分析では、
やりとりが交差しちゃうとまずいって言っているような?
自分の体験上も、よく実感していることでもあるし、

同じ目線ってことは、ACにはACってことか?

クライアントさんが、
ACの立場でNPに訴えかけてきていたとしたら?
そこをNPから返せばうまくいくってこと、だよね。
あーそっか、
私はそこをAから返していたのかもしれないな。


人間関係っておもしろーい!
いろんなことを学べる、
生きていることに、感謝感謝。


整理どきについては、
もうちょっと考えてみます。


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://39friends.blog100.fc2.com/tb.php/50-17673cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック