ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はPTA送別会でした。

一年間、学年部長として仕事させてもらったので、
今年は私が送られる側。

わが子のことを最優先にして、
会社の仕事や、その他地域の関わりともバランスよく
こなしてきたつもり、だから、いい思い出ばかり。
忙しい一年だったけど、得たものは大きい。
それは、人と関わることの喜びを更に感じたこと。
思いを共有することの喜び、っていうかね。
だから、
部員の皆さんとの交流は、本当に楽しかったぁー。
あったかい仲間に感謝の一年でした。
送別会では、そんな思いをみんなとわかちあいたいな♪

などと思いながら仕事を片づけていると、
ギリギリになって突発が入り、
なんだかんだで遅刻して会場に到着することに。

転任される先生・他に退任する役員の挨拶も一通りすんで、
乾杯も終わり、さぁ食べるぞ――ってなところですよ。

たった一人注目され挨拶。
ビールをおあずけされた皆さんに悪いなぁと思いつつ、
べらべらしゃべって、花束をいただいて、やっと着席。


運よく担任のH先生の隣に座らせてもらえたので、
教師としての話を伺いたく、話し始めるとすぐに、
「せんせ~い、おせわになりましたぁ~!」と
うちらの間を割って、
他の保護者や後輩の先生がH先生にお酌にくる。


ありがとうございましたぁ~
お疲れ様でしたぁ~
やんややんやぁ~


それを3~4回くりかえすとね、
いい加減私もどうでもよくなっちゃって、
結局、反対側の同じ学年の母さん方と盛り上がってた。


そこにいたある母さんが言ってたこと。
「女の子はね、勉強しなくても、人を見る眼だけ育てればいいのよ、
男を選ぶ眼がしっかりしてないとね」
“勉強しなくても”ってところは抜きにして、
人を見る眼ってのは、ポイントかなーと思った。

私の解釈だと、
この 人を見る、ってのは、人を育てる、ってことに
通じるかなーと思った。

たとえばAさん。
私に対するAさんの姿と、他人に対するAさんの姿って
ちょっと違うと思うんだ。
私も、Aさんの人柄や性質に合わせようとするし。
BさんにはBさんへの対応、ってあるし。
まじめな人にはまじめな話題、冗談好きなら冗談かえしたり。
みんな人に合わせようと、するよね。

とすると、Aさんの態度は私に合わせた私に対しての態度なんだから、
私の対応次第で相手の対応は変わるんじゃないかと思うんだ。
こっちの出方次第で、会話(理解しあうこと)が盛り上がるか、下がっていくか。

これを簡潔にいうにはどんな言葉を使えばいいか分からないけど。
(だから子どもたちに「お母さんは、話が長い」と言われる)


やっぱりそれは、人とかかわって感覚を磨くこともありだけど、
相手の呼吸に合わせる、って技術が必要なんじゃないかーと
思ったりしたわけ。



「ねーあのさあのさ!」←テンション高い
「何何何!?」←ノリで返す


「あのね……昨日ね……」←ちょっとうかない感じ
「ん?どうしたの……?」←ペースを合わせてちょっと静かめに


この送別会の席で得たものは、
人との会話で大事なのは、呼吸を合わせること。


二次会へは行かなかったけどね、
みなさんと一緒に過ごした時間は、私にとって充実していて、
とてもよい一年間でした。
ありがとうございましたぁ~。


さっ、ここからはコーチ&カウンセラー業に専念するぞぉ!


送別会

ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://39friends.blog100.fc2.com/tb.php/37-bcdf9308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。