ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
あと6日で冬休みが終わります。
中3受験生のるなは、本日、英語講座の4日目。

昨日の講座では「不定詞がよくわかったよ」と喜んでいた るな。
その言葉と表情に、私も、とーっても嬉しかった!
だから今日は、会社でもちょっと るなのことが気になっていました。


早く帰って、今日の様子をききたくって。
帰り道もドキドキです。
期待でいっぱいでしたが、夕食のときにさりげな~くきいてみました。


「今日はどんなことやったの?」
「今日も不定詞だったけど、あまりよくわからなかった・・」
「そうか、何がよくわからなかったの」
「なんか、○×※▽■×◎・・・???」

う~ん私もよくわからん(笑)
それじゃご飯のあとで、
今日やったプリントもってきて、一緒に考えよう。

てなわけで、久しぶりに二人で勉強です。
TOと動詞で不定詞 なのですけれど、
そんな理屈だけじゃ理解するのは難しいのです。
とにかく実践が大切。

和文→英文は、
「私は、英語を勉強することが、好きだ」
I like to study English.
"私は 好きだ 勉強することが 英語を"

ねっこんなふうに、英語は、
主語の次が必ず述語なのよ。

るな「あっ、そうか」

一文一文声に出して、読みながら・・・
「私は鉛筆を買いに行きたい、私は…行きたい」
「何しに?」
「買いに」
「何を買いに?」
「鉛筆を…あっそうか、買うために、鉛筆を、だ」
「そうそう!」

そんな調子で、自分でひとつひとつ、理解しながら、
進めて、採点をして、終わらせた るな。
全問正解!

とても、うれしそう。
久しぶりに鼻歌をうたってる。
狭い家なのに、スキップみたいに弾んで部屋にもどっていく。
何度も「よっしゃ!」と言ってる。

すぐ居間にもどってきて彼女はいいました。
「お母さん、私今まで講習で勉強してきたけど、
今日が一番よくわかってかなり楽しかった。
二枚目もやりたくなって、やっちゃった」

小学校までは、リーディングがよくできていたので、
中学でも英語は大丈夫だろうと安心していたのに、
いつの間にか興味が薄れて、今では、すっかり英語嫌い。
でもそれも大人の思い込みなのです。
その子に丁度のレベルのものを
与えていなかっただけのこと。
だって、学校の勉強は、画一的で、
30人の子供にいっぺんに同じことを教えたって、
理解度に差があるのはあたりまえ。

自分の理解できる範囲をこえたところを、
大人が一生懸命教え込み、
どうしてお前はこんなものがわからないのだ、と
子どもを否定するのでは、
(偏差値で比較するのも同じことだと私は思います、
低い子はできない、という意識を植え付けること)
その子の意欲が殺されてしまう。

その子の今の段階のレベルの問題を、
人から教えられずに自分のちからで解く、
そんな経験をどんどんさせてやるんです。
だって、自分でやったことしか身につかないものだと
私は思うんですよね。

こんなに楽しそうに取り組んで、
身についていくなんて、
これが本当の自学自習じゃないかな?


ブログランキングに参加しています。
共感いただけたあなたに、またひとつ幸せが訪れますように。










関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://39friends.blog100.fc2.com/tb.php/18-342d3ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック