ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。やかたちあきです。

新しい出会いがたくさんあって、
希望に胸をふくらませている今日この頃です。
みなさんはいかがですか?


さて、今日は登別子ども劇場の通常例会がありました。
来ていただいた劇団さんは、
だるま森さん。


このだるま森さんを登別にお迎えするため、
私の属する登別子ども劇場のメンバーたちが、
本日の会場である登別市民会館に集合。

私も、仲間たちとともに
だるま森さんの到着を待っていました。
だるま森さんは、登別市中央町のホテル平安に前泊されていたのですね)


その待ち時間、仲間たちとの会話が、とっても弾むんです。
「(おたくの)○○ちゃん、元気?」
「えぇ、もう3年生ですよ」
「えぇ~っ!こないだ幼稚園に入ったって言ってたばかりなのに!」

と、こんな調子です。
年度変わりだからか、みんなボケてる?(私だけじゃなくてよかったぁー)

……いえ、ボケというのは冗談で、
人の子の成長は早いと感じる、ということなのでしょうね。

ちなみにわが子は今年中学1年生。
それだけでも
「えぇ~っ!中学生?」
と、大合唱が起こります(笑)

しかもね、
「部活があるから今日の例会に来れないのよ、
『新入部員の自分たちが部活に穴をあけては、球拾いは誰がするんだ?と、
仲間うちで相談して、部活は休まない、と決めた』んだって」
と、話すと、
子ども劇場の仲間たちが、
「いや~すごい成長だね~以前の彼からみたらすごいよね!」って
喜んでくれました。


ちょっとした成長なのかもしれませんが、
こうやって一緒に喜んでくれる仲間たち、

それが、一人や二人じゃなく大勢のメンバーが、
わが子のことのように喜んでくれるのをみて、

子ども劇場にいて、本当によかったなぁ、と、
しみじみ思いました。


そのうちに、だるま森さんが到着され、
演劇用の荷物を皆で手分けして搬入。

仲間たちの数人は、だるま森さんと一緒にランチをとり、
18時30分の開演まで準備をしながらすごしました。

あつまった子どもたちは、
幼児~高校生、青年 まで、幅広く、
みんな釘付けになって舞台を鑑賞していました。

私も、不思議な感覚の時間を過ごしました。

だって、だるま森さん、
なんというか妖怪みたいな雰囲気だった……


しかし、子どもたちの心をわしづかみする
だるま森さんのオリジナリティはすごいなぁ。

詳細はだるま森さんのサイトをご覧ください。

だるま森のヘンテコお伽小屋



地域でたくさんの目で、しかも異年齢の母親たちと、子育てができる場所は、
あまりないと思います。

登別子ども劇場は、
子どもも、親も、お互いを尊重しあい、認め合う、
温かい場所なのです。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。