ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、転職活動をはじめて数ヶ月になるAさんとお話をしました。


彼は、これまで十数社応募したけれど、すべて不採用となってしまい、

「ことごとくダメでした」と苦笑いをしています。

「それで、ここ見つけたんですが」

と、言ってインターネットで検索した会社数件の情報を見せてくれました。

でも、話を聞いていると、

チャレンジしてみたい!ということではなくて、

その会社に応募できない理由を語っているのです。

Aさんが、できない理由をあれこれ述べた後、

私はAさんに尋ねました。

「今まで不採用になった会社ですが、

これら、本当にやりたかった仕事なんですか?」



Aさんはしばらく黙って考えてから、口を開きました。

「……いいえ、違うと思います」


「それらの会社に、ご自分のやってきたことや能力など、

十分にアピールできてきたでしょうか?」


「いいえ、会社毎に求められる情報は違いますが、

求められる以上のことはやらない、という意識があって、

それ以上のアピールをすることは“でしゃばり”であって、

いけないことと思っていました。

それに、自分のやりたい仕事ではないから、

消極的な応募になっていたと思います」




「今回はどうでしょうか、仕事の内容は……?」
「これは、とても難しいジャンルです。
今まで自分はここを避けて通ってきました」
「どうしてですか?」
「自分には無理だと思っていました」
「それは誰かに言われたのですか?」
「最初に勤めたところで、よく仕事を非難されました。
『こんなんじゃ製品にならない』とかいろんなこと……
もちろんそれは自分の仕事の結果と受け止めていますが、そんなことが多くありました。しかし……」


そして彼は、仕事のうまくいかなかったことを指摘されるだけでなく、
人格を否定されるようなことをこれまで言われてきたことを語ってくれました。

私は言いました。
「人は、そんなことを言われ続けると、萎縮してしまって、

できることもできなくなってしまうんですよ。

のびのび仕事ができなくて、持っている能力を発揮することができないんですよ。

Aさんは本当は、このようにお仕事を長年やってこられたキャリアとか、
築き上げてきたノウハウとか、たくさんの素晴らしい能力を持っている方なのに、
そのような能力の芽を摘むような環境にいたことで、
必要以上に自己否定をするようになってしまったのでは?」

Aさんはしばらくうつむいていましたが、こういいました。

「環境に依存しているのはよくないとは思いますが……」

そして、今回興味があって取り出した会社の情報を見て、

「この仕事は難しいんですよ」と言います。

私は聞いてみました。
「どうしてこの難しい仕事に関心をもっているんですか?」

するとAさんは、

「これは、自分は避けて通ってきたけれど、

いずれは向き合わなきゃいけないものなのかな、と思っていました。

“課題”なのかな、って」


「なるほど!課題!」

「そうです」


「今、幸か不幸か、この(失業)状態です、

言われてみれば、今まで応募した会社には、

本気じゃなかったような気がします。

先日応募したあの仕事も、世の中に必要な仕事で、

やっている人たちも素晴らしい人たちだったけれど、

自分のいるところではない、という気がしました」

「うん、うん」


「この仕事は、今までずっと避けていて、見ないふりをしてきたけれども、

やはり、通らなければならないものだと思います」


「そうですか!今までAさんは、自分で自分の可能性にフタをしてきたけれども、

今、新たに向かっていくところが見えたんですね!」


そしてAさんは、力強い目と、力強い声で、

「ありがとうございました!」

と、帰られました。



これを読んでいるあなたは、どう思われましたか?

私は、“人は自分のやるべきこと・やりたいことがわかれば、

自分で道を開いていけるものだ”と確信しました。

(実際の会話ではもっとたくさんのことをお話しましたが、

ここでは要点をとりあげてみました)

関連記事
スポンサーサイト

先月のことですが、1月24日は、産業カウンセラーの学科試験でした。

試験前から当日試験直前まで、たくさんの応援メールをいただいたおかげもあって、心強く当日を向かえることができたことに感謝しています。

受験勉強を通じ、資格試験の勉強というのは、ただ試験に通過するためだけのものではなくて、自分の仕事・人生に活かせる知識を蓄える、インプットのための効果的な手段なのだと、感じました。

ですから、一生懸命に取り組んだことが、達成感をもたらすのですね。

ビジネスは結果を出せてなんぼ、とは思いますが、

純粋に、自分の一生懸命やり続けてきたことにも

素晴らしい価値がある、と思っています。

だからこそ、このインプットが多くのアウトプットにつながると信じることが

できるのですよね。

たくさんの応援くださった方に、感謝をこめて。

ちあき

関連記事
今年度は、セパ登別の立上げ、

登別市教育委員会主催の講演会、

登別子ども劇場の高学年担当、

年間通しての各種試験勉強、

その他あれこれ、

多くのスケジュールを一心不乱にこなす毎日でした。



それらの活動が今日一段落しました。



ひとつひとつをやりきった爽快感が

今一気にやってきた感じがします。

とてもうれしい気持がこみ上げてきます。



ターゲットを決めてそこに向かって集中する、ということ、

本当に、気持ちのいいものです。



今月~来月は、

ゆめみ~ると室蘭市市民活動センターでの講座がありますが、

気持ちにこれまで以上にゆとりのある今、ますますエネルギーを高めて、

皆さんに満足してもらえるワークができればいいなと思っています。



どうぞよろしくお願いします。



関連記事
こんばんは。やかたちあきです。


今日は、FMびゅ~の来年度の放送についての会議に出席してきました。

そこで、私の番組は4月から開始することが決まりました。


とお~~~っても嬉しいです(≧∇≦)


企画から実現まで、こんなに順調にこれたのは、
ぼこいふじの皆さんのバックアップのおかげです。

ぼこいふじのみずみずさん、前澤さん、ましろさん、
あらためて、本当にありがとうございました。


さて、番組については、タイトルはまだ決めてないのですが、
内容は、子育て中のお母さんの悩みに共感したり、
勇気づけのメッセージを送ったりするものです。


コミュニティFMならではの地域密着性で、
室蘭市登別市伊達市エリアの皆さんに、
力が湧いてくるメッセージをお届けできるといいなと
思っています。


近郊の皆さん、子育てママさん、
4月にお会いしましょう!






関連記事
社団法人日本産業カウンセラー協会の

産業カウンセラー試験を受験したときに

作成した、サイトをご紹介します。


その名は

産業カウンセラー学科試験対策クイズ!


自分ひとりで覚えるよりも、

人に教える方がしっかり覚えられるよなぁ~と思い、

作ってみました。




興味のある方、のぞいてみてください。


産業カウンセラークイズロゴ




ペイントで1分間で作ったバナー(笑)

関連記事
1ヶ月振りの更新となりました。
みなさんお久しぶりです。

私は、カウンセリングや父の病気に関する相談業務の学習のため、
かつてこれほどに勉強したことがないというほど
勉強、勉強、の日々を過ごしておりました。

これら試験は今週末で一段落。


最近は、
コミュニティFM局での番組作成のために、
打ち合わせしたり、構成を練ったりしていて、

今日はデモ録音をしてきたんです。


とはいっても、私は機材を使うことができませんので、
ぼこいふじエンターテイメント代表のみずみずさんに助けてもらいながら、
なんとか番組一本分の音源を録ることができました。

録音を通じて思ったのが、マイクを通して聴く自分の声って、
普段のイメージとはちょっと違うんですよね、

「あれっ私ってこんなに声が低かった?」と思っちゃいました。

みずみずさんおっしゃるには、
「みんなそうやって驚く」んだそうです。

普段はこの録音された声が、皆さんに聴こえているんですよね。
うーん、骨伝導って不思議だなぁ。


さて、番組の方ですが、
おそらく春にオンエアになると思いますが、
詳細はまたこちらでお知らせしますね。


ところで、このみずみずさん、頭がよくてとっても素敵な方なんですよ。

FMびゅ~ 84.2MHz『お昼だもん♪』(毎週土曜日11時30分~14時00分)に
出演されていますので、電波が届く皆さん、ぜひ聴いてみて下さいね。


深夜までお付き合いくださった
みずみずさん、FMびゅ~のたづきさん、室蘭工業大学の皆さん、
ありがとうございました。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。