ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは、いつも元気にみえる。

あなたは、いつも笑っている。



でも、人ってみんな、心のなかに、

悲しさや、

さみしさや、

苦しみや、

不安 なんかを 抱えている。



ねぇ、

がんばりすぎているのを ちょっとだけストップして、


心の中の

悲しみの荷物を

さみしさの荷物を

苦しさの荷物を

不安の荷物を いったんおろしてみようか。


そして、おろした荷物のひもをほどいて、中身を整理してみようか。

自分で整理できないときは、私にメールしてね。



休むことは、あなたが決めていいんじゃない?

ここで休んで、エネルギーを充電しようよ。



そしたらまた、動きだせるからさ。
関連記事
スポンサーサイト
you tubeで、見つけたジェームズ・スキナーの映像です。

見てみてください。






ジェームズ・スキナーの言葉は、いかがでしたか?





私が数年前まで経営していた学習塾に、
指導助手としてきてくれたみどりさんが、
私にいつも言っていた言葉があります。

「子どもたちには、時間を大切にしてもらいたいんです」


学習が終わってから、保護者のお迎えをダラダラと待っている子どもたちのためにと、
みどりさんは、ご自分のお子さんが小さい時に読んであげていた大切な本を、
家からたくさんもってきてくれたこともありました。


採点待ちで手持ちぶさたの子どもたちに、補助教材をやりながら待つようにすすめたり、


学習に集中できないでいる子の気持ちを落ち着かせるようにと、
寄り添ってあげたり。


いつも優しく穏やかな まなざしで、
子どもたちを見守ってくれる、みどりさん。





ある朝、アルバイトの学生T君から自宅に電話がありました。

「先生、みどり先生が…… 今朝の朝刊、見てください」

「なに?どうしたの?」

と、言いながら新聞を広げると、そこにみどりさんの写真がありました。


優しく微笑んでいる、みどりさん。




でも、どうしてこんなところにみどりさんがいるの?
ここは、死んだ人が載る欄でしょう?

私は言葉を失いました。





みどりさんは、数年前の病気が再発して入院することになったので、
お休みが欲しい、と言って休暇中だったのです。



どうしてこんなことに?
みどりさん、治療していたんでしょう?
治すために、入院したんでしょう?
治るんだったんでしょう?
どうして?


だって、子どもたちがみどり先生を待っているんだよ。
毎日子どもたちが私に聞くんだよ。
「みどり先生は?」って、何度も何度も聞くんだよ。



それに、私、前に言ったよね、

「みどりさんとだったら、この仕事をずっと続けて行ける」って。

本当にそう思っているんだよ。

それなのに、それなのに……どうして。






思い出した。

「時間を無駄にして欲しくないんです」

いつもいつも、みどりさんが言っていたこの言葉を。






もしかして、みどりさん、

誰もが限られて与えられている“人生”という時間を、

今を大切に、精一杯生きるということを、

私たちに教えようとしてくれたのですか?







葬儀が終わって数日後、
みどりさんのご主人が塾にご挨拶にこられました。


その時に私は、以前みどりさんが子どもたちのために持って来てくれた
本をお返ししようとしたのです。


すると、ご主人は、
「いいえ、これは、かわいい子どもたちのために……」と泣き崩れられ、
私は返す言葉も見つからず、茫然としてしまいました。






ジェームズの数々の言葉を聞いたとき、
みどりさんのことを思い出したので、書かせてもらいました。



私は、どこにいても、
みどりさんの思いを周りに伝えていきたいと思います。

これからも、ずっと。






関連記事
今日はちょっとPRです。


本日、登別子ども劇場の運営委員会に出席してきました。


子ども劇場というのは、簡単に言うと、

子供たちのために劇団さんをお招きして

ちびっ子ばぶから大人まで、み~んな一緒に観劇するための活動をしたり、

自主活動の様々な手作りイベントで親子の交流を図るということを

しているところなんです。

(全国にあるんですよ、ご存知でしたか?)



私はその中でも小学4年生以上の子どもたち(高学年と呼ぶ)の

自主的な集まりの見守り役をやらせてもらっています。



さて今日の話し合いは、二日前に行われたイベント

「雪と遊ぼう!」の振り返りがメインでした。


「雪と遊ぼう!」は、2月7日(土)登別市の川上公園で行われたのですが、

心配していた天気は快晴!

雪質はガリガリ状態でしたが、なんとかソリが滑れる程度ありました。


このぽかぽか陽気のもとで、

下は0歳のぴよぴよちゃんから、父さん母さんまで総勢64名で、

ダイナミックな雪遊びをしてきたんですよ~~(^O^)


会議に参加していた皆さんの声は、どれをとっても、


子どもたちみんなのいろいろな成長が見れたこと、

子どもたちとのかかわりがますます親しくなったこと、

地域、年齢を超えた子どもの交流がますますふかまったこと、


などなど、喜びの声ばかりでした。



子ども劇場は、特別なことは何もしないけど、

み~んなが、わが子と地域の子どもたちと

あったかくかかわりあいながらお互いに育ちあいたい、という思いが

いつも真ん中にあるんですよねー。

だから、これがダメ、あれがダメ、っていうのはなくて、

これもいい!あれもいい! そんな受容の雰囲気が心地いいのです。





登別の皆さん、親子でぜひ参加してみませんか?

次回の例会は4月20日です。

人形劇団むすび座さんの「ちっともコリン君!」を観ますよ。




話は雪遊びに戻って、

私が「雪と遊ぼう!」で一番楽しかったのは、
ブルーシートすべり競争!

これは、地区の親子全員が一枚のブルーシートに団子のようにくるまって、

(一枚のシートに15人とか16人とか乗るんです)

丘のてっぺんから滑る距離を競うゲームなのですが、

これが最高おもしろいの~~!


前を向いていたはずの親や子が、

滑り始めるとだんだん斜めになったり、みんな横滑りになったり、

ごろんと放り出される幼児さんがいたり。


我が鷲別ブロックは滑った距離が一番長かったようで、この競技では勝利!


他にも、そりリレーや雪山高さくらべなど、

盛りだくさんの競技が終わったら、

最後にみんなであったかいココアとビスケットを食べて、おしまい。




子どもたちもきっと良い思い出になっただろうな。



次はどんな遊びができるかな?楽しみだね。




関連記事
冬休みも終わって学校が始まり、
やれやれやっと静かな日々を取り戻した~とホッとしていたある日、
学校から帰ってきた息子ぽこちゃんが言いました。

「あさって使うから、体育帽ちょうだい」

私「えー(なにを唐突に)、体育帽?そもそも2学期の終わりに持って帰ってきてたっけ?
洗たくかごにも入ってなかったし、お母さん知らんよぉ」

ぽこちゃん「お母さんが『ゴム付け替える』っていって受け取った」

私「いや、知らん。部屋のどこかにまぎれてるんじゃないの?押し入れの中とか見てみたら?」


こんなやり取りの後、ぽこちゃんは何度も洗濯かごをひっくり返してみたり、
自分の部屋を見回したりしましたが、体育帽は見つかりません。


ぽこ「どうしよう。あさって使うのに」

私「ゴミに出したわけじゃないんだから、部屋のどこかにあるでしょ、探したら絶対出てくるって」


私は(またいつもみたいにどこからか出てきて「探したらあったー」って
言ってくるだろう)と思いました。しかもそんな会話をしたことも忘れて、
数日後に迫る産業カウンセラー学科試験の勉強に没頭していました。


しばらくして、コーヒーをいれに台所に向かう時、
ぽこちゃんの部屋のただならない状況に私は思わず足を止めました。

見るも床いっぱいに物・物・物(私にしてみれば、
ぜひゴミ箱に入れていただきたいと思うもの)で埋め尽くされていたのです。

私は一瞬言葉が出ませんでした。


私「どうしたのこれ」

ぽこ「体育帽探してるの」

私「だからって、どこからこんなたくさんの物(ゴミに見える)でてくるの」

ぽこ「押し入れのものを全部出した」

私「…………」



私「前に『部屋きれいにした』って喜んでたけど、ただ押入れに詰め込んだだけだったのかい」

ぽこ「…………」


ああ、気まずい雰囲気が。
(今部屋のことを言っちゃうと、体育帽が見つからないのと部屋を散らかしたことで、
泣き面に蜂)と思った私は言いました。

「まぁ、すみずみまで探してみなよ、きっと見つかるよ」(成長したなぁ~私)


叱られると思ったのか、ぽこちゃんは「うん!」と安心したようで、
またたくさんの物をガサゴソとひっくり返したり退けたり始めました。


でも、夜まで探しても体育帽は見つからなくて、
片付けようにも何から手をつければいいか分からない状態。
翌朝あらためて部屋を見たぽこちゃんは、ため息をついて学校に行きました。

帰ってきてからも、足の踏み場がない床、体育帽は見つからないし、どんより気分だったみたい。




見かねた姉のるなちゃんは、「これ使ったら?」と、
自分がかつて使っていた体育帽を出してきてくれました。

ぽこちゃんはいったん受け取りましたが、体育のある当日、持っていかなかったんです。


帰宅したぽこちゃんに私は聞きました。
「どうして借りた体育帽持っていかなかったの?」

ぽこ「だって自分のじゃないといやなんだもん」

私「そうだったの、じゃ、やっぱりみつけないとね」

ぽこ「うん」


それからの毎日が、大変。

片付けなくちゃ。  でも遊びたい。  しかも体育帽もなくて困るし。
散らかってる部屋はみたくないし。

ぽこちゃんの現実からの逃避・葛藤が続きます。
自分の試験のことで頭がいっぱいだった母からは
「片付け終えてから遊びなさい」と小言を毎日言われるし。

ぽこちゃん、だんだん元気が出なくなってきちゃった。





そんなある日、ぽこちゃんが、寝室のたんすと壁の隙間から自分の体育帽を見つけたんです。

「お母さん!お母さん!体育帽あったよ!やっぱりここにあったよ!」

私「えー?なんでそこに? そうか、ゴム紐つけるって言って裁縫箱の上に置いたのが、
たんすの隙間に落ちちゃったんだね、ぽこちゃん、ごめん!!」

その言葉を聞いたぽこちゃん、泣き出しちゃった。





私「ごめんよ、お母さんが自分で受け取ったくせに忘れてたんだね」

ぽこ「……そうだよ、僕はちゃんとお母さんに渡したのに、お母さんはもらってないっていうから、
部屋中探してぐちゃぐちゃになったんだよ、だから片付けるのもいやだったんだよ」




私「本当にそうだね、お母さんが受け取ったこと忘れているくせに、
ぽこちゃんに『探しなさい』って言って、ぽこちゃんは部屋のものを全部出して探してみたけど、
やっぱり見つからなくて、それで毎日『片付けなさい』って言われていやだったよね、
ぽこちゃんは悪くなかったのにね、お母さんが覚えてさえいれば、
きれいに整頓されていた部屋を散らかすこともなかったのにね。本当にごめんね」


ぽこ ……涙……





何かに没頭していて、家族のことをおろそかにしてしまうことって、今迄にもありました。
でも今回は、なんだか大きな問題だったなぁ、と振り返った私でした。


わが子よ、母を許しておくれ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。