ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の持病の治療で約11年間お世話になり、
私の父が白血病を発症した時にお世話にもなった、先生がいます。


先生は数年前にクリニックを開業されたため、病院を離れられたので、
もう5年間ほど?お会いしていないのですが、
今回父の闘病記を出版するにあたって、
当時主治医であった先生にご挨拶の手紙をお送りしてみたのです。


すると、「今日手紙が届きました」と即日メールで返事をくださって……
“送信者”に懐かしいお名前を見つけ驚きつつも、
なんだか嬉しいやら懐かしいやら、いろんな気持ちがこみあげてきて……
メールを開封……
距離・時間が離れても、患者であった私たちのことをいまだにお気遣いくださる文面には、
こころがほわほわ温まって……じぃぃ~ん。

また会いたいなぁ。本をお届けするときに、お会いできるかな?



私も先生みたいに、人を優しい気持ちにさせるような、人間になると決めました。

そのために、今できることは何だろう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。