ちあきのあったかコミュニケーション

やかたちあきのブログ
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、お久しぶりです。
昨夜は、鈴の音が鳴り響いていましたね。

皆さんはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。



さて、今日は帯広の心理カウンセラーをご紹介します。

心の相談室POST(こころのポスト)の室長
佐々木 秀典さんです。


佐々木さんは、社団法人 日本産業カウンセラー協会の
認定カウンセラーとして、
北海道内で活躍されている、実績のある方です。

この佐々木さんが、
この度、心の相談室POST(こころのポスト)を開設されましたので、
皆さんにお知らせします。
特に、十勝方面の皆さんのなかで、
カウンセリングを受けたいと思っている方に知っていただきたいと思います。
画像をクリックすると、心の相談室POST(こころのポスト)のホームページが開きます。
↓↓↓

post bn



佐々木さんは、

「職場・学校での人間関係、パニック障害、うつ状態等のお悩みに、
傾聴を主体としたカウンセリングで解決のお手伝いをします。

たっぷり時間をかけて、ゆっくり解きほぐしていきましょう。
安心安全な空間をご用意しています」

と、おっしゃっています。



心のPOST(こころのポスト)については、
地元(北海道十勝地方)の月刊誌 旬(しゅん)にも
セラピーの事業所として取り上げられていますので、ご覧ください。
↓↓↓
月刊 旬 しゅん のページ



私も、佐々木さんにはずいぶん助けられ勇気づけられてきました。

カウンセラーとして、相談者の心に寄り添い、
その方に合ったペースで、悩み解決の支えとなってくれると思います。


十勝方面の皆さんの力になってくれる方です。


ご相談のご予約の方法は
予約電話 0155-67-8333 へどうぞ。

不在時は留守電にお名前とご連絡先お電話番号を録音してくだい。
後ほど佐々木さんからお電話差し上げますのでお待ちください。
なお留守電は24時間受け付けています。



スポンサーサイト
先日、キャリア・コンサルタントの講座に出席して、
たーくさんの理論を学んできました。

これから少しずつアウトプットしていきますので、
皆さんどうぞ、よろしくお願いします。


さて、
今回の講座では桐村晋次先生、衣川先生に
熱いご指導をいただいたのですが、

私のなかで、とても心に響いた言葉があります。


先生 「皆さん、キャリアって、何でしょうね」


この問いに対し、私は、

スーパーの理論
“狭義の仕事や職業上の役割だけでなく、
家庭人、市民、余暇人、学生、子供などの
役割の組み合わせ”

が、真っ先に思い浮かびました。


挙手をして発表されたどなたかも
スーパーのことをおっしゃっていました。


すると先生は、

「そうですね、それもそうですが、
キャリアというのは、
自分の経験してきたこと なんです」



なんとお見事に定義されていると思いました。


そう考えると、誰のキャリアも、
失敗も無駄も無いのだと言えるような気がして、
とてもうれしい気持ちになった私でした。
産業カウンセラーの試験が、1月22日、28日、29日に行われました。
22日が学科試験、28・29日が実技試験、
受験した皆様、大変お疲れさまでした。

今回の合否は3月5日だそうですね。
私のころは日にちもはっきりしなくて、
やきもきしたものです(^-^)

だんだん協会の体制が整っているんでしょうね~


ところで、

私の作成した
産業カウンセラー 学科試験対策クイズ ブログで
クイズに取り組んでくれた方が多くいますが、

なぜだかこのブログも、試験を境にアクセス数が増えているのです。
どうしてだろう?


というわけで、
これからは産業カウンセラーの話題も少しずつ
書いていこうかな、と思いました。



あーそれにしても、寒い!
北海道新聞によると、
今日の予想気温は最低マイナス7度、最高マイナス3度とのこと!


たくさん着込んでも、寒いよ~



こんにちは。

私は現在、精神保健福祉の勉強をしているんですが、
資格取得の実習の前段で今回、
複数の施設に職場体験にいってきたんですよね。


そこは、
精神障害や知的障害がある方々が、
お仕事に復帰するために
就労訓練を受けている施設や、
自立して生活ができるように
訓練している施設なのですが、

利用者の方々と、訓練や生活を
一緒にさせていただくことで、
学んだことがたくさんありまして、
そのことをほんの一部ですが
お話させてもらいたいと思います。



就労訓練施設では、
利用されている皆さんのお仕事の丁寧さや、
私語ひとつせずに真剣に作業に取り組む姿をみて、
本当に、頭が下がる思いをしました。

というのは、過去に、
仕事そっちのけで余計な話をして時間を潰している、
という状況の職場を私もよく見てきましたから、

このときは、
とても恥ずかしい気持ちになったんですよね。


利用者の方々のお仕事の丁寧さもすばらしく、
いい仕事をされているなぁと思いました。

本当に、皆さんの作業の一つ一つの丁寧さ、
正確さを目の当たりにして、

日ごろの自分のおおざっぱさを痛感、
人の振り見てわがふり直せ、ということを
本当に実感した一日だったんです。

生活支援施設にもおじゃまして、
半日生活を共にさせていただきました。
さまざまな年代の方がいらっしゃり、
なかでも同年代の方々とお話する機会を
多く持てました。

話の内容は、
大学生のときにこんなことを学んだよ、とか、
私たちが子供のころの室蘭登別伊達のお話とか、
懐かしい話、共感できる話がいっぱいです。

ここで思ったのは、
障害があるからといって、
施設の皆さんが考えていることが
私と違うかと言えば、全然そうじゃなくて、
共通の話題がいっぱいなんですよね。


いま振り返ってみると、
障害があってもなくても、
私たちはひとりひとりが社会の中の一員で、
社会を構成していて価値のある存在なんだ、と思いました。
そんな大切な経験をさせていただけました。

施設の皆さま、親切に対応くださって、
本当にありがとうございました。


最後に、企業の方にお知らせしたいのですが、
障害者と言われる方々がこれほどに誠実に、
指示に忠実に、丁寧な仕事をできることを知ってほしい。
会社の発展に多く貢献できるだろうと思います。

企業によっては、現場の支援者が確保できないとか、
支援者の教育が追い付かないとか、
他のスタッフが障害のある方への理解に乏しいとか、
さまざまな課題はあるでしょうが、
障害者雇用の理解を進めていただけるよう
どうぞよろしくお願いします。



今週から新しい場所で職業相談をしています。

某機関ではできなかった、
じっくり丁寧なキャリアカウンセリングがここではできるので、
相談時間が短いことで大事なことを
聞けない・伝えきれないといったジレンマが解消できそうで
これからがとても楽しみです。


これまでのカウンセリングにおいても
これからのカウンセリングにおいても、
いつでも私のテーマであるのは、自己尊重感。
自己肯定感ともいいますが、
この自分を尊重し肯定し認める、ということが欠如していると、
自分の実績を認めることができないということが起こります。

例えば、お話する中で、
履歴書職務経歴書の見直しを一緒にさせていただいていますが、
ご自分の実績を過小評価されている方が多いと感じます。

「私は大した仕事してきてないんです」
というふうな言い方を面接でされれば、
面接者は「この人を採用しよう」と思うでしょうか。

謙虚すぎると、消極的な印象になってしまうのです。


職務経歴書というのは、自分の仕事人生を表すものです。
自分自身を表すものなのです。

自分の人生を肯定し、
それを面接側に正当に評価されるためにも、
自己卑下はせず、前向きに取り組んだ部分に
思い切りスポットライトを当ててあげたいですね。
そのためにできるだけのお手伝いをさせていただきたいと思います。


たくさんの方々との出会いを楽しみにしている私です。







今日はいよいよ産業カウンセラー学科試験です。

受験生の皆さん、準備はどうですか?


やるだけやった!という方、
半分くらいは押さえたけど、という方、
全然やれなかったけど、まぁ受けてみよう、という方、
ここまでの達成感はひとそれぞれだと思いますが、

仕事と勉強を両立し続けるために
時間をつくり出してきた努力、
不安との戦い、
その他、
さまざまなプロセスによって
この挑戦の日を皆さんは迎えました。


今日はどうぞご自分の潜在能力を信じ、知識を最大限活用できるように、
リラックスしてのぞんでもらいたいと思います。

コツは集中すること。


昨日までの自分を憂うことなく、
明日からの結果を不安がることなく、

いま、この瞬間、集中して、自分の能力をフルに活かそう!


そうすればきっと、合格をつかみ取ることができるでしょう。

応援しています!









やかたちあきです、こんにちは。

2011年という新しい年を迎え、
ますます自分の役割を果たしたいと強く思っています。
皆さん今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、私の今年の活動は、産業カウンセラー学科試験対策クイズのホームページのメンテナンスからはじまりました。

これまでホームページで公開していたものを、
ブログに引っ越ししてみたところ、
アクセス数がぐぅーんと伸びてびっくりです。

やはりブログは使いやすいですよね、
記事の追加がと~っても楽です。

皆さんに存在を知ってもらうためにも
引っ越ししてよかったと思います。


これから試験まで残り12日間、
熱心に産業カウンセリングの勉強に取り組んでいる方々のお役にたちたいと思っています。

私の知識が少しでも役立てれば幸せです。


ではまた!





こんにちは。やかたちあきです。


今、就職活動中の方とか、
転職を考えている方、いらっしゃいますか?


そんな方に、ちょっと聞いてもらいたい言葉があるのです。




というのはですネ、



私の親友が、今、まさに
就職活動をしているのですが。


その親友、

応募先から【不採用通知】が届いたと、先日私に知らせてくれたのでした。




そのときは、ただ、メールで、

「不採用の連絡が来たよ 世の中甘くないね また 頑張らなきゃ」

と、知らせてくれていたのですが、



実はこのとき彼女は、
とっても落ち込んでいたのだそうです。

(今日、あらためて教えてくれました)



彼女はシングルマザーです。

育ち盛りの男の子が二人いるので、

なるべく早く仕事を探さねばならない状況です。

(もうすぐ今の仕事が期間満了となるのです)




彼女は、焦りはじめているのです。



そんなときに、

二番目の息子が彼女にこう言ったそうです。




「どうしてめげてるの?終わってないよ。


  ダメなら…またがんばろう、何回でも。

    
    最後までがんばろう!」






息子からのこの言葉で、

彼女は、


「まだまだ、がんばろう!」


って思えたのだそうです。





私たちは、あきらめなければ、

希望をかなえられる、ということを


つい忘れてしまいがちですね。



この幼い少年が思い出させてくれた、真理を、


どうか忘れずに、


生きていこうではありませんか。














こんにちは。やかたちあきです。

この4月からカウンセリングを始めると表明したところ、

相談依頼を数件いただきましたので、

今週から相談を開始することにしました。


クライエント第一号は、子どもです。


この思いがけない出会いは、

もしかしたらシステムズアプローチへの入り口かもしれないと思うのです。



これまで手本にさせてもらった先生方、

いただいたお知恵を最大限活用できるようにがんばりますので、

よろしくお願いいたします。



千秋


うつ病・自殺予防研修会in室蘭 #4


「うつ病って話にはよく聞くけど、自分には関係ないみたい」

そんなあなたへ、書いてみたいと思います。


~~~以下室蘭保健所リーフレットより抜粋です~~~



うつ病の
サインに気づいたら


うつ病は、早く気づいて治療することでよくなる病気です。

サインを感じたら、ひとりで抱え込まないことが大切です。

サポートしてくれる相談機関、専門医がおりますので、ご相談ください。


自分の
サインに気づいたとき

1.できるだけ休息をとる

2.ひとりで頑張りすぎない(助けを得る)

3.まわりに相談する(抱え込まない)

4.「今、白黒つけなくても何とかなる」と

  自分にいい聞かせ、大事な決定は先送りする

5.体調不良が続くときには、早めにお医者さんに相談する

まわりの対応

1.しかったり励ましたりせず、話に耳を傾ける

2.無理に気分転換をすすめず、ゆっくり休むよう伝える

3.退職・転職など、大事な決定は先延ばしにするよう伝える



屋形千秋からのアドバイス

以前と比べて表情が暗く、元気がないような人はいませんか?

体調不良の訴えが多くなったひとはいませんか?

趣味やスポーツ、外出をしなくなったひとはいませんか?

遅刻、早退、欠勤が増えてきた人はいませんか?

周囲との交流を避けるようになってきた人はいませんか?

仕事や家事の能率が低下したり、ミスが増えている人はいませんか?

飲酒量が増えている人はいませんか?



そんな人があなたの周りに もし いたら、

注意深く観察してみてください。

人は誰でも気分の波があると思うんです。

でも、上記の様子が2週間くらい続いていたならば、

その人をしかったり励ましたりせずに、話に耳を傾けてあげてください。

そして、無理に気分転換をすすめずに、ゆっくり休むように

言ってあげてください。

私もお手伝いします。相談してください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。